オープニングからエンドロールまで

結婚式場

オープニング・プロフィール・エンドロールというように、結婚式場で披露宴を執り行う際には必ずといっていいほどに演出があります。結婚式のオプションには、当日のムービー撮影もあるほどで、それだけ映像によるインパクトは強いものになります。印象的な結婚式をするために制作したり、流したりするものなのでしょうか。それぞれに意味があり、新郎新婦の生い立ちや出会いを紹介するものであったり、楽しい披露宴の開幕を表す意味などがあります。出席するゲストと思い出を共有できるものであったり、2人の成長ぶりに目を細めて感動を味わう、そうしたひとときを演出するものでもあります。ちなみに、エンドロールは式当日の様子が映像として直ぐにまとめられる「撮って出し」となる制作にすることも可能なようです。当日参加するゲストの名前が映像とともに流れる、最後を締めくくるに相応しい内容に仕上げることもできる、そうしたクリエイターが携わります。結婚式場によって外部カメラマンの許可が出ないケースもあるため、式場提携の業者に制作協力してもらうのも一法です。写真・テロップ・音楽なども駆使して、1シーンごとに編集される映像演出は、素人にありがちなスライドショーではないハイクオリティな作品となります。ゲストが2人のことをより身近に感じるため、加えて、結婚式までのストーリーを改めて知ることにもなり、心からの祝福モードに包まれるのがこうした映像演出、作品なのです。

アプリや委託する

結婚式場

映像制作会社に作成を依頼するのも一つの手です。ブライダルフェアなどで紹介してもらったり、ネットや雑誌などから見つけたりすることができます。この場合、費用と期間、演出について相談するのですが、作成期間の目安が結婚式の2ヶ月前からですから、短納品できる業者を基準に選びましょう。費用をかけずにという場合には、自作になります。映像ソフトやアプリケーションなどにより作成可能ですが、手間がかかるために結婚式の準備に忙しいのならば、やはり業者に依頼するのが望ましいでしょう。今は、格安やお祝儀での支払いも可能で、そうした業者を選びましょう。

式場との契約

結婚式場

結婚式場選びではパンフレットなどの資料請求であったり、公式サイトを閲覧したり、下見(相談)したりするものです。ブライダル企業が集客を目的に、アピール・ピーアル合戦を繰り広げ、式場やプランを紹介する映像構成を展開しているケースもあります。映像美で魅了するケースもあり、こんなところで式を挙げたいカップルも出てくるでしょう。だからこそ、式場に制作を依頼することも可能、紹介される制作会社とは提携しているので、選ぶ必要もありません。手順が決まっているため、構成での負担もなく、費用もプランに含まれていれば安心ですし、映像のクオリティも確認できます。

広告募集中